アラキ工務店 京都市右京区:京町家、古民家、大工さんと建てる家

アラキ工務店 株式会社 アラキ工務店

S造リノベーション

dusk
dusk

 本日よりS造リノベーションの様子をご紹介させて頂きます。
 弊社は木造専門とまでは言いませんが、木造の建物を工事させて頂くことが多いです。ですが今回は鉄骨造の工事依頼を頂きました。普段とは少し勝手が違い、若干不安を伴いながらの現場調査です。
 
 鉄骨造とは言いましても、改修工事ですので、構造は全くさわらずに外装と内装のやり替えがメインとなります。
 
 場所は、清水坂を上り茶碗坂へ入り、坂道を上ったちょうど中ほどの左手(北側)に位置します。建物は鉄骨3階建で2階までが前面道路に面していて、3階はセットバックしている建物です。

錆びたH鋼が映える

facade
facade

 内部は鉄骨をどうやって隠そうかと悩んでいたのに反して、表は鉄骨を新たに設置しました。
 竣工時に既に錆が始まっています。両サイドの扉や、両袖の壁仕上、1F窓枠も錆止め無しのスチール製です。今後どのような色合いに変化していくのか、とても楽しみです。
 鉄骨化粧柱上部のH鋼だけはもともと塗装されていたので、今回は違和感がないよう黒色の艶消しで塗替えました。

display shelf
display shelf

 _____________________________________________
 _________________________
 _________________________

Curved wall
Curved wall

 _____________________________________________
 _________________________
 _________________________

hard-packed dirt floor
hard-packed dirt floor

 _____________________________________________
 _________________________
 _________________________

meeting room
meeting room

 _____________________________________________
 _________________________
 _________________________

stairs
stairs

 ダイニングキッチンスペースです。
 といいましても、間取りは1LDKですので、寝室だけを別室に間仕切ったといった感じでしょうか。
 建物全体の奥行が長いので、用途を変えた居場所を長手方向に並べ、奥行を楽しんでいただけるようなプランにしました。

kitchen
kitchen

 _____________________________________________
 _________________________
 _________________________

entrance
entrance

 _____________________________________________
 _________________________
 _________________________

gest room
gest room

 南面の大開口です。冬場の竣工だったのですが、このお部屋だけは日当り良好で杉板のやわらかさと相まって、床に座っていると、つい仕事を忘れてぼーっとゆっくりくつろぎたくなってしまいました。

 京町家・古民家の改修・リフォームのアラキ工務店、米沢からの一言でした。

S造ならではの苦労と配慮

 各所変更を伴いながらも綺麗に納まり、納得のいく仕上りとなりました。大工さんを始め各職人さん達に感謝です。
 より詳しい工事内容をブログにアップしておりますので、是非ご覧ください。


現場監督 米沢 和也 
このページの先頭に戻る