アラキ工務店 京都市右京区:京町家、古民家、大工さんと建てる家

アラキ工務店 株式会社 アラキ工務店

二世帯が住む京町家

 僕の学生時代の同級生の弟さんのお住まいです。
 7年ほど前に、樋を直したり、瓦を差し直ししたお住まいですが、この度、息子さんと一緒に2世帯に改修する事になりました。
 
 江戸の終わりの建物ですが、明治の終わりに大改修をされ、さらに昭和の中ごろに1Fは原型をとどめないくらいに大壁で改修されていました。
 
 でも、新建材をめくると、素敵な梁や柱がたくさん出てきました。
 当初の予定を大分変更し、改修しながら打ち合わせを重ね、使いやすいようにあちこち工夫してみました。

京町家はちょっとした工夫で素敵に変身

  文章をクリックすると施工後の写真になります。
  (写真の下に簡単な解説をつけました)

京町家の見えないところをきちんと直す

  文章をクリックすると施工後の写真になります。
  (写真の下に簡単な解説をつけました)
 完成後、しばらくして、皆で 宴会 をする事になりました。
 職人さんって、みんな素直でパクパク食べます。
 実は、食事前にお住まいを点検したら、洗い出し土間に水が溜まって流れないことが判明。後日お詫び方々直しにいきました。
 
 せっかく皆で頑張って直した町家。これからも大切に住み続けていただきたいなと思いました。
現場監督 荒木 勇 
このページの先頭に戻る