アラキ工務店 京都市右京区:京町家、古民家、大工さんと建てる家

アラキ工務店 株式会社 アラキ工務店

京町家 五条庵


潜り戸を復活させた京町家。

 ほぼ原型が残る京町家。間取りもそのまま、建具もそのまま再利用できます。
 でも、周囲からの漏水で床下の腐朽が進行していました。
 今回は、首都圏のお施主様との出会いがあり、東西が融合した意匠になりました。

京町家のリフォーム 1) 施工

工事前1
工事前1
工事前2
工事前2

 一部アルミサッシがはまっていたり、台所に床が組んであったりしていましたが、ほぼ原型のままの京町家でした。火袋もしっかり残っていましたので、そのまま再利用しようという事になりました。

調査・解体
調査・解体
腐朽入替・水止
腐朽入替・水止

 床組みを解体したところ、雨が降ると隣から浸水する状況で、土台や敷框の腐朽がひどく、構造改修をせざるを得ない状況でした。
 根継をし、土台を入れ替え、地盤が隣より低いところは、ブロックを積んで水止メをしました。
 床が下っているところは、ジャッキアップしましたが、一部隣家が引っかかってできないところもありました。

土間コン打設
土間コン打設
外壁修理
外壁修理

 当初、予算面から土間コンクリートは打たない予定でしたが、あまりにも湿気るので、やむなく実施。
 雨が降ると壁も湿気るので、隣家にお願いし、屋根の上にあがらせていただいて外壁の張替も行いました。せっかくなので、断熱材とルーフィングも張らせていただきました。

瓦降し・内部下地
瓦降し・内部下地
断熱・防音
断熱・防音

 屋根も葺き替えます。室内を通らないと瓦が降ろせないので、少し大変。
 工事をしていると隣の音が良く聞こえるので、大壁にする部屋は断熱+遮音処理をする事にしました。

鈑金屋根・左官火袋
鈑金屋根・左官火袋
造園・塗装
造園・塗装

 裏の下屋根は谷樋を入れ、鈑金に葺き替え。狭い火袋も足場を組んで塗り替えしました。
 前栽はもともとあった石に少しチャリ石を足して作庭。外部のベンガラも塗りなおしました。

京町家のリフォーム 2) 竣工

外観
外観
ミせニワ
ミせニワ

 2Fのアルミサッシは撤去し、オタフク窓に。
 散水栓・ガスメーター・電気メーターなどは邪魔にならないところに移設しました。
 
 ミせニワは敷框は蟻害が激しく入替。腰壁は汚れ止に、モルタル+艶消EP塗としています。
 建具は既存再利用です。

ハシリニワ
ハシリニワ
ダイドコ
ダイドコ

 ハシリニワは間口が1mほどしかなかったので、やむなく床を張ることにしました。でも古い建具は掃除してわざわざ再利用しています。
 左手の舞羅戸の中には、お約束の階段が隠れています。
 源氏襖は町家では珍しいですね。床は楢材オスモ塗装です。

ザシキ
ザシキ

 このザシキはほぼ原型を復元しています。
 でも、吊床の塗りまわしや、障子の桟など、結構大変でした。
 壁はジュラックスC。天井は灰汁洗い&吊りなおし。畳はダイケンすこやか畳です。

前栽
前栽
浴室
浴室

 前栽は施主様のイメージ写真を元に再現しています。白玉石を敷き詰めるのは関西では珍しいですね。
 植栽は「成長が遅くて花が小さい」品種を選んでいます。
 浴室は、バスカベ+サーモタイル。天井は換気乾燥機付です。
 バスタブは、施主様支給品。日本語の説明書がなくて据付に苦労しました。

洗面
洗面
WC
WC

 洗面はモザイクタイル+自動水栓。天窓が意外に明るいです。
 正面はトイレ建具は新しく新調しています。
 トイレはごくシンプルな仕上。正面のクロスだけ色を替えてみました。
 床は竹のフローリングです。

火袋
火袋

 台所に立って上を見上げてみました。壁は漆喰調の珪藻土。ここに足場を組んで左官塗りをしていた作業風景を思い出しました。

2Fナカノマ
2Fナカノマ
2Fオモテ
2Fオモテ

 階段を上がると金魚の襖がお出迎え♪ 引分障子と下地窓は新しく新設。町家には珍しい梅模様です。
 オモテにはベッドを設置したので、畳を杉板張にやり替え。 オタフク窓では寒いので、インナーサッシを設置しています。

2Fオク
2Fオクからナカノマを見る
2Fオク
2Fオクから南窓を見る

 オクノマにもオモテ同様ベッドを設置したため、杉板張に。
 ここの書院や障子は、格子が何本も折れていて、少々大変でした。
 竿縁天井がすっきりと綺麗ですね。でも、ここも天井裏に潜って掃除&吊り直し&断熱材充填作業をしています。

悩む水道店
悩む水道店
 今回の工事は、改修跡が少なかったので、楽観していたのですが、床組を解体してみると、いつもの通り、水と蟻害に悩む結果になりました(笑)。でも、近所の方がみな親切で、屋根に登らせてもらったり、塀に出入口を作らせてもらったり、物干しに入らせてもらったりしました。密集している街中ならではの悩みですが、本当にありがたかったです。
現場監督 荒木 勇 
このページの先頭に戻る