アラキ工務店 京都市右京区:京町家、古民家、大工さんと建てる家

アラキ工務店 株式会社 アラキ工務店

家づくりヒント集 1 ~畳・火袋・建具・外観~

 The House さんに依頼された書籍原稿です。家づくりのヒントになるかとおもい、掲載してみました。
 いずれも、京都や町家特有のこだわりかもしれませんが、参考にしていただければ幸いです。
 出版時は文章をカットされるので、こちらのほうがより詳しくお伝えできるかもしれません。 本も買ってくださいね(^^)  

たたみ・畳

(和室だけではなく、いろんなところに畳を敷きましょう)
玄関の畳
 玄関ホールに敷かれた畳。玄関を開けると道路の騒音が屋内に侵入するが、畳に より吸音・遮音が期待できる。
 
廊下の畳
 廊下に敷き詰められた畳。隣の和室との紙張障子を開けると、部屋としての一体感 を確保できる。
 
畳敷の間取
 玄関から台所の手前まで畳を敷き詰めた間取り例。

 玄関や廊下などにも積極的に畳をつかってみましょう。戦前のお住まいを改修する場合、せっかくの荒壁や構造を生かすため、真壁左官塗にする場合が多々あります。そういう場合は、是非たたみを敷き詰めましょう。
 京町家を全面改修されたOさん(京都市下京区60代)はこういいます。
「せっかく古い家を直して住む事にしたので、思い切ってたくさん畳を敷くことにしました。壁が昔からある荒壁土なので、床も同じように日本に伝わる素材でそろえたいと思ったからです。私たちも歳を取ったので、転んでも弾力性のある畳なら堅いフローリングよりも安心です。テレビなどの音も和らげてくれるし、何よりいぐさの香りが素敵です」。
 
 最近の住宅ではフローリングが多用されていますが、合板の場合10年経過すれば表面が劣化し、張り替えるのも大変費用がかかります。それに比べ、たたみは取替自由。リフォームも簡単です。表替だと安いもので5,000円/帖。熊本産麻入でも20,000円/帖位でできてしまうのでお得です。

【畳敷の設計】
 以下の3点が特に重要です。
 (1) 割付
 畳縁が出入り口に干渉しないようにしましょう。
 よく歩くところに縁があって、足が触ったり触らなかったりすると少し気になるかもしれません。
 (2)畳寄
 壁際に凹凸をなくして敷きやすくしましょう。
 床コンセントや柱型がでてきたりすると、畳を凹型にいじめたりしますが、あまり良いものではありません。 できるだけ長方形になるように計画しましょう。
 (3)モジュール
 1m×2mを越える畳は特注になり高くなるので注意しましょう。
 畳を作る機械は、通常この大きさまでしか対応できません。これを超える場合手縫になります。 できれば、箪笥に隠れてしまう所は板を張っておくなど工夫すると良いでしょう。
【畳敷の注意点】
 (1) 上敷は避ける
 上敷は畳が呼吸できなくなり劣化が早くなります。「畳が傷むから」という理由で上敷をされる方が多いのですが、大抵敷きっ放しです。それなら痛んだ都度表替えするほうが利口です。
 (2) 特価品は損
 1帖3000円といった特価品の広告が目に付く昨今ですが、あまりに安価なたたみは変色したりイグサがポロポロ取れたりして、痛みが早く、余計に高くつきます。
 マンションの畳コーナーなども同様の特価品が敷かれていることが多いのですが、畳は本来数十年持つ建材です。早めに少しグレードの高いものに取り替えると快適だと思います。
(アラキ工務店 米沢和也)

火袋・吹き抜け

(開放的なだけではなく、空気対流面でもすぐれています)

建具・間仕切り

(季節によって取り替えられるようにすると快適です)

外観・ファサード

(街並みにあった意匠を考えるとよいでしょう)
このページの先頭に戻る